サポーターは固定と制動タイプがある

サポーターには2つの種類があり、固定タイプだと動きを止めて曲がるものを曲がらなくしたりと白いテーピング方式です。


もう一つは制動で、制御して動作させます。固定だとよくあるのは履くタイプのサポーターで、横にステイが入っているものもあり、市販品や病院で変形性膝関節症の人が受け取ったりします。


履くサポーターは固定力があまりなく、膝の圧力を締めることで安定化させます。

今までになかったサポーターならこちらのサイトがオススメです。

膝へ水がたまっている人に向いていて、水が溜まる人は圧迫をするために膝を包み込むようにすると効果的です。歩いていて膝が痛む人も着けることで歩きやすくなることもあり、多くの人は痛み軽減のために着用してます。



横にスティが入っているタイプは固定して曲がらないようにするもので、全体的に圧力がかかるので固定力が強く、膝を損傷した人が着けると効果的です。

スポーツ系でも着用してもいいですが固定するため動きが制限されます。


固定しないと出来ないスポーツなら避けたほうが良く、状況によって違うため自分が出ないといけない試合があるなど理由がない限りは使わない方が良いです。
一時的なその場しのぎになるため、根本的な改善には適してません。
変形性膝関節症の人は止めた方がよく横にスティが入っているので、変形していてO脚だったりすると曲がっているため固定するのはよくありません。



市販品だと身体に合ってないこともあるため、使うときも専門の医師に相談してからにしたほうが安心です。