足首用のサポーターの効果と捻挫について

足首用のサポーターは足首を捻挫したときに動かさないようにするためで、固定することでぶれるのを防いで可動域を最小限に保てるため回復を助けて痛みも和らげます。

サポーターのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

平時にサポーターを使うと足首への負担が軽くなり、捻挫のリスクを下げる効果もあります。足首用でも色々な種類があって普段の生活に最適なもの、スポーツ用や脚の捻りクセをカバーするタイプなどスポーツ用でも競技別に展開しているメーカーもあり、利用目的と状態によって選べます。

テーピングと異なり誰でも手軽に使えてしっかりサポートが出来るのも特徴です。


選び方ですが用途に適したものかや厚さなどが靴にあうか、左右があっているかなどに注意します。



足首が痛むときのサポーターだと日常的・軽い運動・本格的にスポーツをするときなど、痛みの起きる状況も考えて選んでいきます。
よく1回捻挫をしてから外部サポートが手放せなくなる人も多いですが、長期的な外部サポートの使用は捻挫を再発させる原因にもなります。

捻挫をしてから競技に完全に復帰する過程でサポーターを使うことはあっても、永続的に使うものではなくいずれは外していても競技が出来ることを目標にしてリハビリやトレーニングをしないといけません。



靭帯断裂など酷い捻挫の時は例外ですが、それ以外だと外部サポーターを使わない復帰を目指すのが一番です。

長期間使っていて本当に必要なのか疑問に感じてきたらな、まずは自分の足首の現状を把握しそれから外せるか判断をしていきます。