交通事故, 士業, 示談

交通事故の慰謝料と弁護士費用

交通事故の慰謝料については、公道を走る自動車すべてが義務的に加入している自賠責保険、その他ドライバーが任意で加入している自動車保険の両方が、それぞれ客観的な金額の基準をもっているため、示談交渉を当事者にかわって行っている損害保険会社の言い分に沿って物事が進んでいる限りにおいてはそれほどの問題は生じません。しかし、交通事故の過失割合についての不満があったり、慰謝料の金額が低すぎて納得がいかないといったことは往々にしてあるもので、そうした場合は最終的には訴訟によって裁判所で決着をつけてもらうということになります。その場合、当事者本人が直接法廷に立って主張を述べるということも、制度上はできないわけではありませんが、それなりの法律上の知識が要求されるため、一般には弁護士を立てて代理してもらうことになります。交通事故の慰謝料をめぐるトラブルで弁護士に依頼しようとする場合、まずは法律相談を受けて法律上の課題や今後の方針などを確認します。

その上で弁護士と契約を結び、訴訟の事務を行ってもらうことになりますが、その事務をはじめるにあたって着手金、もし勝訴して目的が果たされた場合には報酬金という、かなり大きな金額の費用が必要となります。そのほかにも、相手に求める金額に応じて、裁判所に手数料を納める必要があるほか、弁護士が訴訟にあたって出張する費用、書類のコピー代などといった、こまごまとした事務的な経費なども必要となります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です