士業, 広島, 相続

交通事故と慰謝料の関係

交通事故は皆さんにも、絶対に起こりえない事ではありません。また被害者、加害者どちらにもなりうるのです。先日裁判所が中央線をはみ出した自動車に追突されて、怪我をした対向車の運転手に過失を認める判決がでました。どうして対向車の運転手に過失があるのとお思いの方も多いでしょうが、交通事故には過失責任割合があり、ちゃんと車間距離を、取って走行していたかとか制限速度は守っていたとか等で決まってきます。

また本人がそれを証明しなければなりません。逆に交通事故の加害者なったとしてでも、車間距離を、制限族度を守っていたことを証明できれば、過失責任割合が少し有利になるかもしれません。その証明に今一番適してると思われるのがドライブレコーダーで、自分の車の中の前や前後にカメラを付け走行時の状況や速度等を録画録音します。目撃者がいなくても、自分の主張が出来るのです。

まず被害者になった場合には、自分自身に過失がないことを証明出来れば、相手から怪我の治療のための医療費や入院費、通院費、通院に掛かった交通費、会社を休んだことでの休業補償等以外に、交通事故で受けた精神的な苦痛や会社を休んだことでの会社での立場が悪くなった等で、慰謝料を請求することが出来るかも知れません。今度は加害者になった場合は、自分の過失割合を少しでも下げることを証明出来ると、補償等は支払うことになると思いますが、慰謝料は相手の、過失を少しでも証明できると支払う慰謝料の金額も下げることは出来ると思います。広島で相続のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です