士業, 相続, 遺産

法律相談を受けて弁護士に依頼するまでの流れについて

借金の返済について首が回らないときには、債務整理を主に取り扱っている弁護士事務所に相談することができます。初回の法律相談が無料で受けられる弁護士事務所を選択すれば、いきなりどのような手続きを行えば良いのか自分では判断できない人にとっては、費用をかけることなく弁護士に法律相談できるのでお得にアドバイスが受けられます。借金問題に関して弁護士に法律相談するときには、債権者名や借り入れの年月、残っている借金額などの債権者の一覧表や、借金をすることになった理由や毎月の返済できる金額、住宅や自動車などの価値のある財産を保有しているかどうかについて、持っているクレジットカードについての情報、その他の貸金業者との取引関係における請求書や明細書などの書類を用意しておく必要があります。弁護士の法律相談を受けた上で、債務整理の手続きについて依頼をするかどうかを判断します。

弁護士に依頼をするときには着手金の支払いを行いますが、借金問題で苦しんでいて金銭的な余裕がないときには、着手金が無料の弁護士事務所を選択する方法も良いと言えます。弁護士に依頼を行うことが決定すれば、それぞれの貸金業者へ弁護士の介入通知を発送してもらえますので、その効果によって債権者からの取り立てを止めることが可能です。それぞれの貸金業者についての取引履歴の確認を行うことで、債務者が保有している借金についての情報と一致するか確認をした上で、引き直し計算をして払いすぎている金利分があるかどうか調べて手続きを行う債務整理の種類を決めます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です