士業, 慰謝料, 離婚

弁護士の法律相談を受けて家族に内緒で解決する方法

債務整理の一種に任意整理というものがあって、債権者と話し合いを行うことで返済の方法や金額などの交渉をする手続きになります。債務者が借り入れを行っている債権者と交渉をして、完済ができる条件で合意をすることによって、手続きが成立してから3年ほどの期間で全ての借金を返済できるようにします。貸金業者からの借り入れについては、多くの場合で利息制限法に基づいた上限金利の利率を超えた融資が行われてきた経緯があります。払いすぎている支払い金額があるときには、返還請求を行うことが可能ですし、将来に発生する予定の利息分を帳消しにする交渉を行うことによって、完済を目指すことになります。

任意整理では借金そのものが無くなるわけではなく、減額された借金について3年から5年ほどの期間内に完済ができないときには認められない手続きと言えます。そのために債務者には安定した収入を得ていることが求められますので、債務者自身が任意整理が行えるかどうかは法律家である弁護士に事前に相談しておいて、確認しておくことが大切です。弁護士に法律相談する債務者の中には、家族に内緒で債務整理をしたい人も多いと言えます。弁護士に相談して任意整理の手続きを行えば、任意整理では裁判所を経由しない方法となりますので家族への影響を与えることなく手続きができます。

一方で弁護士に自己破産についての法律相談をしたときには、マイホームは処分されることになりますので、家族への影響は避けることができません。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です