士業, 相続, 遺産

相続問題における弁護士の選び方

遺産相続問題を解決するために、プロの弁護士に交渉や調停を依頼することがあるかもしれません。弁護士に依頼するときは、人間によって資質や経験が違うこと、また交渉、調停、代理人と、横断的にいろいろなことを任せる必要があることを念頭に置いて選ばなければなりません。まずは、取り扱う問題が遺産相続ですから、その分野の交渉に強い弁護士を探す必要があります。弁護人と一口にいってもその種類は一つではなく、専門分野・得意分野によっていろいろな種類の弁護人がいます。

遺産相続問題での処理実績が豊富で、その分野を得意にしている事務所もありますから、そうした事務所を探すようにしましょう。ただし、その問題に強いことをアピールしているだけで信頼してはなりません。きちんとこれまでの実績を調べて、本当にその分野での依頼が多いことを確認してから任せるようにしましょう。また、遺産相続問題は弁護士一人で処理できない問題が発生する場合もあります。

こういうときに他の専門家と柔軟に連携できる力も必要になりますが、その力があるかどうかをチェックしておく必要もあります。そしてもちろん、料金体系の内容や表示も重要です。何にどのぐらいの費用がかかるのか、料金設定の詳細について、どんな支払い方法が可能なのか、分かりやすく明示している事務所は信頼できます。料金トラブルは後で厄介な問題に発展することもあるので、しっかりと確認しておくようにしましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です