士業, 相続, 相談

限定承認を弁護士に依頼して相続の手続きをする

相続と言うのは、亡くなった方の財産を継承することだと認識されています。しかし、厳密に言えばそれは間違いです。相続は、亡くなった方の負債も継承することになるものなのです。そのため、弁護士に依頼をして適切な処理をしないと、背負わなくても良い借金を背負ってしまうこともあります。

亡くなった方に遺産がある場合には、その遺産が家族に分配されることになります。しかし、亡くなった方が多額の借金を背負っていた場合には相続をせずにその権利を放棄するように宣言しなくてはいけません。こうすることによって、借金を背負わなくても済むようになります。家族や身内に対して与えられる相続権と言うのは、その権利を放棄しない限り効果を発揮することになります。

もちろん、実際に継承するときにはその宣言をしなくてはいけませんが、亡くなった方の財産上の状況がほとんどわからない場合には、その権利の性質上むやみに権利を宣言しないほうが良いのです。間違った方法で宣言をしてしまうと、負債を抱え込んでしまうことになります。相続の対象となる財産は多くあり、不動産などだけではなく株式なども継承することができます。こうした細かな資産の状況は弁護士に依頼して調べてもらって計算することが一番大切になります。

遺産を継承すると必ず税金を支払わなくてはいけませんし、細かな計算をせずに半端なことをしてしまうと後からトラブルになるため、弁護士に依頼をして前もって準備をしておく方が良いのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です