交通事故, 士業, 示談

相続対策でもらえるものはもらっておく

相続対策をしておけば、被相続人が借金を抱えていたとしても財産だけを継承することもできるようになります。相続によって継承できる財産には、色々なものが含まれています。何も知らなければ負債も一緒に相続してしまうこともありえるため、手続きをする時には本当に注意をしなくてはいけません。では、被相続人の遺産の中に借金の財産の両方があった場合にはどのような処置をとればよいのでしょうか。

この場合には、財産だけを継承する手続きを行う必要があります。このような手続きのことを相続では限定承認と言います。限定承認を行うときには、抱えている負債と財産との差額を計算することになります。仮に、相続財産を計算した結果負債の方が少ないとわかったときにはその負債の支払いを財産で済ませて、残った財産だけを全て継承することもできるのです。

相続をする場合には、様々なケースが考えられます。被相続人が必ずしも老衰で亡くなるわけではなく、不慮の事故で亡くなる事も考えられます。このような場合にまで一律に相続人に相続の規定が適用されると考えるとかなり不利な相続の手続きをしなくてはいけません。そのため、相続対策として限定承認や相続放棄と言った手法が認められているのです。

限定承認を行うときには、負債と財産の詳しい情報をしっかりと把握しておかなくてはいけません。専門の法律家に依頼をして相続対策をしておくとこうした計算も正しく行ってくれるため、将来のためにもきちんと相談しておくことが大切です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です