交通事故, 士業, 広島

余計な税金を支払わないための相続対策をする

余計な税金を支払わないための相続対策をすることによって、できるだけ多くの財産を相続することができるようになります。一般的に、相続対策として考えているものは被相続人が亡くなった後の処理に関してです。被相続人が亡くなった後は、法律に規定されている法定相続人に対して相続権が与えられますので、この権利を行使することによって被相続人の財産を継承することが可能です。しかし、この権利を行使すると財産と共に税金を支払う義務も生まれることを知っておかなくてはいけません。

しかも、こうした税金を支払う義務には一定の期間が存在し、その期間の中で必ず申告をしなくてはいけないためそれを忘れてそのまま生活をしてしまうと脱税の疑いで捕まってしまう可能性があります。税金を誤魔化すことはかなり罪が大きくなることであるためなるべく早い段階で税額を計算しておくことが大切です。では、なぜ生前であっても相続対策が出来ると言えるのでしょうか。生前であっても相続対策が出来るのは、被相続人が自身の財産をどのように扱うのかは基本的に自由だからです。

法律的な規定にも、財産を持っている人は年間で一定の金額以内ならばそのまま現金を渡しても税金がかからないということが規定されています。第三者に対して財産を与える行為は生前であっても本人の意思でできるため、これをしっかりと行っておけば亡くなった後に余計なトラブルを生み出すことも無くなるのです。穏便な話し合いで終わらせることが出来る相続対策なので安全なのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です