士業, 相続, 遺産

今から始める相続対策

スムーズに相続をおこなうためには事前の準備が大切です。生前から相続対策をおこなうことによって、トラブルの発生や相続人間の無駄な争いを避けることができます。生前におこなえる相続対策のひとつに、遺言書の作成があります。特に相続に自分の考えを反映させたい場合は、遺言書を残しておくことが絶対必要です。

ただし遺言書が法的な効力を持つためには一定の形式に従っていることが必要であり、遺留分など素人にはわかりづらい法律の知識も必要ですので、専門家に相談してから作成したほうが無難です。お金の面でも相続対策が必要です。相続が行われると相続税を支払う必要があり、資金の確保も重要な問題となるのです。資金の確保手段としては生命保険への加入が有効ですが、もし納税資金が確保できない場合は物納や延納などで乗り切ることも検討しなければいけません。

さらに納税額そのものを減らしておくのも相続対策には必須です。いわゆる節税対策が必要になるのですが、相続税の節税対策として有効なのは生前贈与です。生きている間に財産を少しずつ分けておけば、いざ相続が発生した際の納税額を減額することが可能です。また相続税の評価額を減らすのも有効な方法です。

現金よりも不動産のほうが税額が低くなりますので、アパート経営なども節税対策になります。このほかにも配偶者控除など税制上の控除措置を受けるなど、節税対策にはいろいろありますので、専門家に相談してみるといいでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です