士業, 相続, 相談

面倒な相続対策を全て無くすことができる

相続問題に関してトラブルに巻き込まれたくないと考えている人は大勢います。財産を多く保有したまま亡くなった人の財産は法定相続によって身内で分散されることが基本ですが、その中でもさらに話し合いをして本当にその割合で相続しても良いのかを話し合わなくてはいけません。遺産分割協議の上で決まった合意を、その後の相続に活かすことが大切なのでそれまでに大きなトラブルが生じることも珍しくないのです。では、こうした相続問題に関わり無くないときにはどのような相続対策を行えば良いのでしょうか。

簡単な相続対策が一つだけあります。それは、財産を相続する権利そのものを放棄することです。これによって、面倒な相続問題に関わる必要が無くなります。相続の権利は半ば強制的に与えられるものですが、その権利をどのように利用するかはまた別の問題です。

なぜこのような権利の放棄が認められるのかというと、財産の相続に関しては負債もその財産の中に含めて考えられることになるからです。財産上の価値のあるものは、負債と利益との差額によって決められます。そのため、財産の中にある負債が財産よりもさらに大きなものになっているときには実質的に負債しか残りません。そのようなものを相続しなくてはいけない義務は存在しないため、相続対策として相続の放棄が認められているのです。

相続に関しては面倒な問題が起こりがちなので、巻き込まれないようにするためには最初からその権利を放棄すれば良いだけなのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です