士業, 弁護士, 相続

都合の良い相続対策を行う

相続対策を行うときには、自身にとって都合の良い相続対策を実行しなくてはいけません。他の人と比べて自身の財産の取り分が小さくなるようなことにはならないようにする必要があります。前提として、相続対策をする前に知っておく必要があるのは財産の中に存在する負債の扱い方についてです。法定割合によって遺産が分割されたときには、その負債を考慮した分割分でお金を貰うことができます。

しかし、負債が含まれている状態で相続をしたとしても借金を抱えてしまうだけなので相続人にとっては何のメリットもありません。そこで、限定承認という財産だけを都合よく相続できる手段を選択する必要があるのです。限定承認は、被相続人の負債を財産で完済した後に残ったものだけを継承する手段のことを言います。単純な話で言えば、100万円の財産と30万円の負債が合った場合にはこの差額の70万円分のお金だけを都合よく継承することを言うのです。

基本的に、相続で継承される財産は本人が権利を行使して申告をしなければ被相続人が抱えていた債権や債務まで継承してしまうことになります。そのため、まずはその権利関係をきちんと整理してから余った財産だけを継承することが望ましいのです。本人がわからない場合には、専門の税理士や弁護士に手伝ってもらう手段もあります。限定承認を行えばそうした相続人に優しい相続を行うことができるため、財産を計算した結果負債があるとわかったときにはこうした相続対策を利用することも検討しましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です