士業, 広島, 相続

相続対策は日本人に限定されない

日本国内で行われる相続対策は、日本人に対してのみ限定されるわけではありません。日本の財産を保有しているのは海外に住んでいる外国人も同じであるため、外国人が亡くなったときの相続対策もきちんと考えておかなくてはいけないのです。特に、外国人が日本にやってきていて日本国内で亡くなったときには、かなり複雑な相続対策を行わなくてはいけません。当然ですが、日本国内で適用される相続規定が海外の国のそれと同一であるとは限りません。

むしろ、規定が大きく異なっていることが大半であるため日本国内で外国人が亡くなったときにはそのあたりに関してきちんと情報を集めなくてはいけません。相続では日本国内で亡くなった場合に、日本国内の法律が適用されるケースと適用されないケースがあります。前者の場合に関しては問題なく相続手続きを進めて外国人専用の渉外登記をすれば問題ありませんが、後者の場合はまず本国の法律を調べてからどのような手続きを進めるのかを検討しなくてはいけません。必要ならば、本国の専門家と連絡をとってどうすれば良いのかを確認する必要があるのです。

これは主に、専門の法律家の仕事になるためこのようなケースにあったときには相談しなくてはいけません。また、相続対策をする上では相続税に関してもそれぞれの国の法律を調べて納める必要があります。財産上の価値のあるものをその人が保有していた場合には、大使館からの証明書など様々な書類が必要になるため事前に相続対策をしっかりと考えておくべきなのです。広島で相続のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です