交通事故, 士業, 示談

交通事故の慰謝料請求における弁護士の選び方

交通事故でこちらの過失割合がゼロの場合は、自分が加入している保険会社は交渉のテーブルにつくことはできません。自動車保険は、加害者側の保険会社が被害者に対してお金を支払うものであるので、こちらが100%被害者である時点でこちら側の保険会社は無関係になってしまうのです。したがって、相手側の保険会社との慰謝料についての交渉は自分自身で行わなくてはなりません。もし、それが困難であれば、弁護士を雇う必要があります。

そしてその際、任意保険の弁護士特約に加入していれば必要な費用を保険会社が出してくれます。ただ、問題となるのは弁護士の選び方です。まず何と言っても、交通事故に強い弁護士を選ばなくてはなりません。そうしないと保険会社に言いくるめられて十分な慰謝料を得ることができない可能性がでてきます。

交通事故案件に強いかどうかを知るためには、ホームページなどに掲載している解決事例集をチェックすればよいでしょう。解決事例が豊富で、しかも、依頼したい案件と似たような事例を扱っていれば言うことはないでしょう。次に大切なのは料金についてです。交通事故の慰謝料は莫大な金額になる場合が多く、それに比例して成功報酬も跳ね上げっていきます。

料金の件が曖昧なまま依頼すると後でとんでもない額を請求される可能性があります。したがって、料金に関してはあらかじめ明確な説明があり、良心的な金額を提示する弁護事務所を選ぶべきです、料金が良心的かどうかについては、ネットに相場が掲載されているのでそれらを参考にするといいでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です