交通事故, 士業, 慰謝料

交通事故の事は弁護士にお任せします

私は、以前交通事故に遭った事があります。弁護士という先生を初めてつけていただきましたが、全ては弁護士同士で話し合って話をつけて行くものでしたから、面会した頃には確認という形で決着をつけるかどうかだけです。交通事故を起こしたり、受けたりした過去がありますが、一度だけ弁護士を通じて解決の道を探る事になりましたが、それは私自身が手続きをしていたのではなく、当時教習所、ペーパードライバーコース受講を受けていた際に事故を受けたのです。教官が車の修理代や、慰謝料、さらには私の受講代についての請求で揉めていたと伺っています。

その事実を弁護士から伺いましたが、その際は教官も私と同様に担当だったので、一緒に解決の道を探ろうと、事故相手がタクシー会社だったので、余計に時間が掛かったと面談の経過の中で知らせてくれましたが、私は全て一任していましたし、弁護士の先生を信じていました。何もかもわからなかった私を親身になってくれていたと思います。なので、あまり深追いせずに先生に言われるがままに話を聞きました。交通事故は大した事はなかったですが、治療費だったり、車の修理代でかなり揉めていた事を知らずに先生が教官と相談していた事も知って、改めて法律のプロを信じるしかなかったのです。

交通事故を起こしたくないですし、起さないようにこれからも安全運手第一を心掛けていく事です。法律には全く無関心、無鈍着だった私も交通事故を起こすと大変だという事をこの瞬間に実感したのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です