交通事故, 士業, 弁護士

交通事故に関する弁護士報酬とは

悲惨な交通事故が起きた際、大きなトラブルに巻き込まれ自分達ではどうしようもなくなってしまったとき、頼りになるのが弁護士です。例えば仕事帰りの夫が、脇見運転の車に跳ねられ死亡してしまった。相手側の過失がほぼ100パーセントであり、こうしたケースは慰謝料や賠償金をもらうことになるのですが、相手側に誠意がない、払う対応を見せないなどトラブルが起きた場合は弁護士の先生に相談して問題を解決すのが一般的です。このケースの場合判決を出す場合に原則として弁護人費用事故と因果関係にある損害と認め、本来もらえる損害賠償の金額と合わせて加害者に弁護士費用も支払ってもらうようになります。

しかし当事者が弁護士に支払った、あるいは支払う約束した金額がそのまま認められるわけではなく、裁判で容認された本来の損害額の10%程度が認められています。交通事故で弁護人を頼む場合、意外とその諸費用などの計算も難しくややこしくなるケースが多いのです。また交通事故の過失が相手側の責任が100%あるわけではない場合、弁護人の費用は自分達が受け持つことになると考えた方が良いでしょう。その場合日弁連交通事故相談センターに行けばある程度の弁護人の相談費用などがおおよそ分かるはずです。

また弁護人への依頼は自分の知り合いの弁護士かあるいは友人や知人に紹介してもらうのが良いのですが、なかなか知り合いにそういった方がいないというのが一般的です。そうした場合も日弁連交通事故相談センターへ連絡してみるのが良いでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です