士業, 弁護士, 相続

交通事故の加害者でも弁護士に相談できる

交通事故は、どのような原因であっても被害者と加害者どちらにでもなり得る可能性のあるものです。被害者になった場合には相手に対して損害や慰謝料を請求することが出来るためそれほど難しい手続きは必要ありませんが、加害者になってしまった場合には少しだけ面倒な処理が必要になるのです。そのため、加害者になってしまったときにはきちんと弁護士に相談をしてどのような対処をとることが一番良いのか聞かなくてはいけません。弁護士に相談する費用はそれほど高くはないため、安心して相談することが可能です。

そもそも、交通事故の加害者になったときには自動車保険の契約上、必ず保険会社に対してその事実を通知する義務が存在します。保険会社に対して事故の処理に関する連絡を行うと、証券番号という番号の提示が求められます。この番号がわからないと事故に関する手続きを保険会社がする事が出来なくなってしまうため必ず知っておかなくてはいけません。保険会社から適当な保険を出してもらうためには、加害者の過失の割合がどの程度のものであったのかを確認することが大切になります。

仮に、過失割合が半分程度しか無かった場合には被害者に対して支払うことになるお金はかなり小さくなるのです。近年は、ドライブレコーダーの登場によって事故の詳細な状況を簡単に確認することができるようになっているため、こうしたものを利用しない手はありません。交通事故の際には、このように保険会社や弁護士に速やかに連絡をしてスムースに対処しましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です