士業, 慰謝料, 離婚

交通事故と弁護士について

交通事故の際には、弁護士へ相談をすることで、慰謝料請求のときにメリットが生まれることがあります。一般的には保険会社へ直接コンタクトを取るよりも、弁護士に対応してもらったほうが高い慰謝料を請求できることが多いです。また交通事故の対処、示談を要求された時の適切な行動など、相談しておいた方が後々困りにくいケースもあります。最近は相談料が低額であったり、短い時間なら無料のサービスもあるので、気軽に法律事務所を訪ねても問題はありません。

またホームページに弁護士のプロフィールを掲載している事務所も少なくないので、事前に調べておくこともできます。ちなみに、ホームページに電話番号を載せていたり、メールフォームを設置している場合もあります。多数のエリアで展開している法律事務所も最近では多いです。交通事故は後遺症の影響で、請求できる慰謝料の額は変わるものです。

ダメージが大きいほど高額になるので、弁護士へ依頼する価値も高くなりやすいです。もちろん示談でもケースによってメリットが大きいです。示談は裁判所を経由しなくても済むので、時間をかけたくないといった場合に良いケースもあります。ただし示談をすると、その後慰謝料請求を行うことはできないため、判断には慎重さが必要です。

基本的にわからないことは弁護士に相談し決めるのがオススメです。手数料が気になる場合でも、慰謝料請求額がアップするなら、トータルでのメリットの方が高いです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です