士業, 弁護士, 離婚相談

交通事故の被害者が弁護士に依頼するメリットとは

交通事故の被害に遭ったケガをしてしまった場合は、そのケガに対してかかった治療費を慰謝料として請求することができます。しかし、慰謝料が十分ではないと感じた場合は、弁護士に依頼することによって、より慰謝料を多く請求することができるようになる可能性が高くなります。では、なぜ弁護士に依頼すると慰謝料を多く請求できるのかというと、慰謝料の額を決めるための基準が、保険会社によるものと、弁護士によるものが違うからであると考えられます。例えば、事故に遭って障害が残ってしまった場合、保険会社による基準と弁護士による基準を比べると3倍異常違うとも言われています。

しかし、弁護士に依頼するということは、それなりに費用がかかってくるので、結局はあまり得にはならないのではと考えている人もいるかもしれませんが、最近では費用については後払いが基本となっていますから、依頼した時にかかる費用については、あくまでも成功報酬のみということになっていますから、費用の心配をすることなく弁護を依頼することができます。また、慰謝料に請求のためには、交渉が必要になってきますが、交渉は当然プロである法律家に依頼した方がよりスムーズにいきます。もしも、自分で交渉をするとなると、交通事故に関する資料を自分ですべて用意したりする必要性が出てきます。ですから、交通事故後の交渉に強い法律のプロに依頼することによって、こうした手間をすべて省くことができ、治療に専念することができるようになります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です