士業, 弁護士, 離婚

交通事故問題を弁護士に依頼するときの費用の目安

交通事故の被害に遭ったときに、相手側の保険会社とうまく交渉ができているか不安なときには、法律の専門家に依頼したいときもあると思います。交通事故の被害者は提示された損害賠償の金額に納得できないときでも、自分ひとりで悩みを抱え込んでしまって提示された金額をそのまま鵜呑みにしてしまうケースも少なくありません。弁護士などの専門家に相談するときには、どの程度の費用がかかるのか気になる点だと言えますが、最近では依頼者が相談しやすい料金に設定している法律事務所も多くなっていると言えます。裁判になると損害賠償金額が増額されるケースが多い点が交通事故問題の特徴と言えますので、弁護士に相談して代理人になってもらうことが保険会社との示談をするときに良い方法となります。

交通事故問題では高い成果を得ることが可能となりますし、損害賠償金額としても大きな金額になると考えられますので、着手金や相談料などを無料で法律相談を実施している弁護士事務所も多いです。料金の支払い方法として、相手方と交渉した結果として得られた損害賠償金額の一部について、弁護士の相談費用に充てることも可能ですので、被害者側の方は法律相談しやすい案件と言えます。弁護士相談を行った際の費用は、目安として示談交渉の依頼のときは着手金が10万円から20万円程度、それに加えて成果を得たときの報奨金としては賠償金額の数%を支払うことになります。自動車保険に加入して特約を付けておけば、費用の相談料の総額を最大300万円までの保証が受けられるようにできるので安心です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です