士業, 弁護士, 過払い金

交通事故の被害に遭った場合には弁護士に依頼する

交通事故の被害に遭った場合は、出来るだけ弁護士に保険会社との交渉などを依頼することをお薦めします。交通事故の被害に遭いますと、通常は加害者の加入している保険会社から連絡が入ります。その際に加害者側の保険会社から示談金の提示がなされますが、この金額は保険会社独自の基準によって算出された金額ですので交渉次第ではさらに増額できる余地があります。しかし被害者個人が交渉を行ったとしても、相手の保険会社はプロですのでなかなかこちらの思惑通りに交渉はスムーズに進みません。

そもそもいくらまで増額出来るかといった基準が一般人には分かりません。そのため弁護士に交渉を依頼した方が示談金の増額が期待出来ます。交通事故の被害に遭った場合のことを想定して、自身が加入している自動車保険に弁護士費用特約を付随させておくことも大切です。なぜならばいくら自動車保険に加入していても自信の過失割合がゼロの場合は、保険会社は示談交渉をしてくれません。

こちらに過失が全く無く相手に対して支払うべき賠償金が無い場合には、保険会社は関与してもらえません。保険会社が示談交渉をしてもらえないとなりますと、自分で加害者側との示談交渉を行わなければいけなくなります。そのような場合でも弁護士費用特約を付けていれば自身に代わって示談交渉をしてもらえますし、弁護士への依頼した費用も負担しなくてすみます。この特約を利用しても翌年の自動車保険の等級が下がることはありませんので、必要な場合は積極的に利用することをお薦めします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です