債務整理, 士業, 広島

交通事故は弁護士に相談して話を進めよう

交通事故では強制加入の保険に加えて任意で加入する保険もあるので、一見弁護士はいらないように思えます。しかし事故の際の損害額の計算で時には不利な請求されてしまうこともないとはいえません。保険会社が事故の際に請求する額が本当に正当な額かどうか確認するためにも、弁護士を介入させて話し合いをしてみるといいでしょう。それによって本来被るかもしれなかった不利益を軽減したりなかった事にできるかもしれません。

弁護士を頼むメリットはまだあり、交通事故によって肉体的なダメージを受けている場合話し合いにいちいち応じるのもつらいものがあります。しかし代理人を立てておけば直接交渉しなくても話は進んでいきますから、その間傷を癒やすことに集中できます。さらに賠償については弁護士が交渉することでもっとも有利な交渉条件で決着させることができます。さらに交渉がこじれて裁判になった場合でも、弁護士に依頼している場合は新たに頼みなおすこともなくそのままスムーズに移行できます。

代理人を立てることによって、交通事故の示談交渉のために使われる時間を必要最小限にすませることができます。仕事をしながら同時進行で事故処理に追われている人ならこの点もありがたいかもしれません。交通事故で賠償が発生した場合、とかく交渉がこじれがちになることもありますが、代理人経由で話を行うことによって感情を挟まずに交渉できるため、使う時間も体力も最小限ですみムダを大幅に省くことができます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です